タグ別アーカイブ: 名詞

prosecutor 検察官・検事

prosecutor / prásikjùːtɚ, prɔ́sikjùːtɚ

検察官、検事、訴追者

※米国では検察官の事を prosecuting attorney とも呼ぶ。おそらくは裁判における行政側の代理人という考え方なのだろう。

One thing I learned a long time ago as a prosecutor is that it’s tough to get people to obey a law if there is not penalty for breaking it.
私がずっと以前に検察官として学んだことは、法を破った時に罰を科すのでなければ人々を法に従わせるのは難しいという事だ。

※アメリカの法律家、ジョージア州知事 ロイ・バーンズの言葉

assistant prosecutor 副検事
chief prosecutor 検事正
Deputy Prosecutor-General 次長検事
deputy chief [superintending] prosecutor 次席検事
District Public Prosecutors Office 地方検察庁
district prosecutor 地方検事
federal prosecutor 連邦検事
High Public Prosecutors Office 高等検察庁
Local Public Prosecutors Office 区検察庁
public prosecutor 検察官、検事
senior prosecutor 上席検察官
Superintending Prosecutor 検事長
Supreme Public Prosecutors Office 最高検察庁
Prosecutor-General 検事総長

※検察庁(Public Prosecutors Office)の英語表記だが、各地方検察庁によって Prosecutors が Prosecutor’s であったり Prosecutors’ であったりと表記が定まっていないようである。

語源 prosecute

attorney 法定代理人・弁護士

attorney / ətɚ́ːrni

法定代理人、弁護士(米)

I would be loath to speak ill of any person who I do not know deserves it, but I am afraid he is an attorney.
私もできればよく知りもしない人物のことを悪く言うのは気が進まないのだが、彼は弁護士なのだ。

※イギリスの詩人、批評家、文献学者 サミュエル・ジョンソンの言葉
現代のイギリス英語で弁護士を指す語として attorney が使われる事は少ないが、1873年の裁判所法の制定によって solicitor (事務弁護士) と呼ぶ事が決められる以前は使用されていたらしい。

by attorney 代人を立てて
consult an attorney 弁護士に相談する
attorney-at-law 弁護士、事務弁護士
attorney for the plaintiff 原告側弁護士
Attorney General 法務長官(英)、司法長官(米)
attorney’s fee 弁護士依頼料
bankruptcy attorney 破産弁護士
corporate attorney 企業弁護士、(企業の)顧問弁護士
court-appointed attorney 公選弁護人、国選弁護人
defense attorney 被告側弁護士
district attorney 地方検事
letter of attorney 委任状
power of attorney 委任状、代行権限
private attorney general 民間司法長官(米:公益を目的として国を相手に起こされた訴訟の原告側の代表のこと)
prosecuting attorney 検察官
state’s [state] Attorney 州検事
tax attorney 税専門の弁護士、税理士(※欧米のほとんどの国には税理士制度がない)
United States attorney 連邦検事

語源 古フランス語 任命された atorné ← 古フランス語 任命する、法令を発布する aturner

lawyer 弁護士・法律家

lawyer / lɔ́ːjɚ, lɔ́iɚ

弁護士、法律家

A Lawyer will do anything to win a case, sometimes he will even tell the truth.
弁護士というのは裁判に勝つためなら何でもする、時には真実を語ることさえある。

※イギリスの映画俳優 パトリック・マレーの言葉

consult a lawyer 弁護士に相談する
contact a lawyer 弁護士と連絡を取る
lawyer’s fee 弁護士依頼料
lawyer’s office 弁護士事務所
a lawyer who specializes in ~を専門とする弁護士
bar association 弁護士会
consulting lawyer 顧問弁護士
corporate lawyer 企業弁護士、(企業の)顧問弁護士
court-appointed lawyer 公選弁護人、国選弁護人
criminal lawyer 刑事弁護士
(criminal) defense lawyer, lawyer for the defense 被告側弁護士
in-house lawyer 社内弁護士
Japan Federation of Bar Associations 日本弁護士連合会、日弁連

語源 law

※英国及びかつてその植民地であった各国では弁護士もその役割によって呼び方が異なる
barrister 法廷弁護士
solicitor 事務弁護士
barrister and solicitor 法廷弁護士兼事務弁護士(カナダやオーストラリアの一部の州)

※米国では上記のような区別は制度上にはないが役割によって呼び方を変える場合もある
counselor, counselor-at-law 法廷弁護士
attorney, attorney-at-law 事務弁護士

opinion 意見・考え

opinion / əpínjən

意見、見解、考え、(複数形で)自説・持論・所信、(世間一般の)意見・世論、(専門家の)意見・鑑定、(人や物の)評価・判定

It is not best that we should all think alike; it is a difference of opinion that makes horse races.
我々が皆同じように考えるというのは最善ではない、競争を生み出すのは意見の相違なのだ。

※アメリカの作家 マーク・トウェインの言葉

in my opinion 私の考えでは
in one’s opinion, in the opinion of ~の考えによると
accept one’s opinion ~の意見を受け入れる
ask one’s opinion ~の意見を求める
give one’s opinion ~の意見を述べる
have a good [high] opinion of ~を良く思っている、~を評価している
have a bad [low] opinion of ~を悪く思っている、~をあまり評価していない
offer an opinion 意見を述べる、具申する
push one’s opinion on A ~の意見をAに押し付ける
opinion about [on] ~に関する意見[見解]
opinion ad 意見広告
opinion in writing 意見書、鑑定書
opinion leader オピニオンリーダー
opinion of ~の意見[見解]
opinion of an expert, expert opinion 専門家の意見[鑑定]
opinion poll 世論調査
adverse opinion 反対意見、否定的な意見
collective opinion 総意
constructive opinion 建設的な意見
difference of opinion 意見の相違
different opinion 異論
favorable opinion 好評、好意的な意見
majority [minority] opinion 多数派の[少数派の]意見
matter of opinion 意見の分かれる問題
official opinion 公式見解
personal [private] opinion 私見、個人的な見解
public opinion 世論
second opinion セカンドオピニオン
the general opinion 大方の意見
My opinion is the same as yours. 私の意見はあなたと同じです。
My opinion of you has changed. あなたを見直しましたよ[見損ないましたよ]。
What’s your opinion? あなたはどう思いますか?

self-opinion 自説を曲げない、強情な、うぬぼれの強い

語源 ラテン語 意見、考え opinionem ← ラテン語 考える opinari

script 脚本・文字・スクリプト

script / skrípt

脚本、台本、原稿、筆記体(印刷)、手書き文字、文字、スクリプト(コンピューター)、原本(法律)、(複数形で)答案(英)、台本[脚本]を書く

※演劇の脚本と区別して、映画などの映像芸術の台本を “scenario / sinériòu, sináːriòu” とも呼ぶ。

A good film script should be able to do completely without dialogue.
優れた映画の台本というのは会話をなくしても完全に成立するものだ。

※アメリカの劇作家、脚本家、映画監督 デヴィッド・マメットの言葉

write a script 脚本[台本]を書く
write in script [cursive letters] 筆記体で書く
script file スクリプトファイル
script for [of] a play 演劇の脚本
script [scripting] language スクリプト言語
acting script 台本
ancient script 古代文字
Balinese script バリ文字
Bengali script ベンガル文字
Burmese script ビルマ文字
cuneiform script 楔形文字
film [movie] script 映画の台本
Gujarati script グジャラーティー文字
Grantha script グランタ文字
Gurmukhi script グルムキー文字
Hangul script ハングル文字
Kannada script カンナダ文字
Kharosthi script カローシュティー文字
Khmer script クメール文字
Kufic script クーフィ文字
Lao script ラーオ文字
Malayalam script マラヤーラム文字
Meroitic script メロエ文字
mirror script 鏡文字
Oriya script オリヤー文字
Phags-pa script パスパ文字
Pollard script ポラード文字
shell script シェルスクリプト
Sinhala script シンハラ文字
Tamil script タミル文字
Tangut script 西夏文字
Telugu script テルグ文字
Thai script タイ文字
Tibetan script チベット文字
TV script テレビの台本

ActionScript アクションスクリプト
JavaScript ジャバスクリプト

語源 ラテン語 文、書かれたもの scriptum ← ラテン語 書く scribere

※脚本を書く脚本家を指す英語は scriptwriter で、特に演劇の脚本を書く劇作家は playwright、映画などの映像芸術の台本を書く脚本家(シナリオライター)は scenario writer と呼ぶ。

conclusion 終わり・結論

conclusion / kənklúːʒən

終わり、終結、結末、結論、決定、結果、(条約や契約などの)締結、最終弁論・結審(法律)

Despair is the conclusion of fools.
絶望は愚か者の出す結論である。

※イギリスの政治家、首相、小説家 ベンジャミン・ディズレーリの言葉

at the conclusion of ~の終わりに
in conclusion 要するに、結論として、(スピーチなどで)最後に
bring A to a conclusion Aを終わらせる
come to a conclusion 結論を出す、断定する、終える
draw a conclusion from ~から結論を得る
jump to a conclusion 慌てて結論を出す、早合点する
conclusion drawn from ~から得られる結論
conclusion of a contract 契約の締結
conclusion of a treaty 条約の締結
conclusion of a trial 結審
foregone conclusion 既にわかりきった結末
logical conclusion 当然の結果、論理的帰結

語源 ラテン語 封鎖、閉じ込めること conclusionem ← ラテン語 閉じ込める concludere (com- + claudere「閉じる」)

documentary 文書の・ドキュメンタリー

documentary / dákjuméntəri, dɔ́kjuméntəri

文書の、書類の、資料による、記録に基づく、記録映画[小説など]、ドキュメンタリー

In feature films the director is God; in documentary films God is the director.
娯楽映画では監督が神だが、記録映画では神が監督である。

※イギリスの映画監督、映画プロデューサー アルフレッド・ヒッチコックの言葉
“feature film” はよく “長編映画” などと訳されるが、ヒッチコックの時代には長編の娯楽映画と記録映画などの短編作品が同時上映される事が多かった。客寄せとしての目玉作品という意味で feature film と呼ばれたのが始まりなので、長編記録映画を feature film と呼ばない訳ではないが、ここではフィクションの娯楽映画という意味であろう。

documentary bill 荷為替手形
documentary drama, docudrama 再現ドラマ・ドキュドラマ(※取材に基づいて過去の出来事を再現したドラマ)
documentary evidence 証拠書類、書証
documentary examination 書類審査
documentary film [movie] 記録映画、ドキュメンタリー映画
documentary L/C 荷為替信用状(※L/C は letter of credit の略)
documentary photography 記録写真

語源 document + -ary

document 文書・書類

document / dákjumənt, dɔ́kjumənt

文書、公文書、書類、資料、文献、記録映画[写真、音声]、証拠資料を添付する、(記述に)出典[参考文献]を付記する

The length of this document defends it well against the risk of its being read.
この文書の長さは、読まれてしまう危険を防ぐのに十分役に立っている。

※イギリスの首相、ノーベル文学賞受賞者 ウィンストン・チャーチルの言葉
つまりそれ以外の役には立たないというニュアンスをもたせて訳したが、皮肉屋のチャーチルならではの名言である。

document case 書類入れ、書類ケース
document database 文書データベース
document editor 文書エディタ
document file 文書ファイル、ドキュメントファイル
document for application 申請書
document forgery 文書偽造
document management 文書管理
agreement document 同意書
ancient document 古文書
attached document 添付書類、付属文書、添付ファイル
authentic document (署名または捺印のある)証書
consensus document 合意文書
contract document 契約書
diplomatic document 外交文書
false document 偽書
forged document 偽造文書
notarial document 公正証書
official document 公文書
public document 私文書
reference document 参考文献、参考資料
secret [confidential] document 機密文書、機密書類

語源 中世ラテン語 公式文書 documentum ← ラテン語 教え、証拠 documentum ← ラテン語 教える docere

importance 重要性・大切さ

importance / impɔ́ːtəns

重要性、重大性、大切さ、重要な地位、尊大さ

Nearly everything you do is of no importance, but it is important that you do it.
あなたがする事のほとんど全てにはなんの意味もないが、あなたがするという行為そのものに重要な意味があるのだ。

※インドの弁護士、宗教家、政治指導者、インド独立の父 マハトマ・ガンジーの言葉
訳文は例によって少し意訳している。

with an air of importance もったいぶって、偉そうに
(be) of importance 重要である
(be) of little importance あまり重要でない
(be) of no importance 重要でない、取るに足らない
acknowledge the importance of ~の重要性を認める
give [attach] importance to ~を重視する、~に重点を置く
place [put] importance on ~を重視する、~に重点を置く
importance of ~の重要性[重大性]
importance of communication コミュニケーションの重要性
importance of existence 存在意義
importance of the role of ~の役割の重要性

matter of importance 重要な事柄
person [man] of importance 重要人物
utmost importance 最重要性

all-importance 最重要性
self-importance 自尊、うぬぼれ

語源 中世ラテン語 重要である、~をもたらす、運び込む importare ← ラテン語 ~をもたらす、運び込む importare

durability 耐久性・永続性

durability / djùrəbíləti

耐久性、耐久力、永続性

A nation may be said to consist of its territory, its people, and its laws. The territory is the only part which is of certain durability.
国家は領土と国民と法によって成ると言われているが、中でも領土は唯一ある程度の永続性を持つものである。

※第16代アメリカ合衆国大統領 エイブラハム・リンカーンの言葉

durability assessment 耐久性評価
durability design 耐久設計
durability enhancement 耐久性の向上
durability life 耐久寿命
durability of ~の耐久性[永続性]
durability of the building 建築物の耐久性
durability performance 耐久性能
durability test 耐久試験、耐久性テスト
heat durability 耐熱性
impact durability 耐衝撃性

語源 ラテン語 永続性 durabilitas ← ラテン語 永続的な durabilis